「新型コロナウイルスワクチン接種に向けて」詳細ページ

前のページに戻ります

2021年3月17日

新型コロナウイルスワクチン接種に向けて

 市では、新型コロナウイルスワクチンの接種に向け、準備を進めています。3月15日時点での宇城市の準備状況についてQ&A方式でお知らせします。

3月15日広報うき号外 新型コロナウイルスワクチン接種に向けて(PDF 約8MB)

いつから受けられるの?

対象者によって違います。

 16歳以上が対象者ですが、現時点では配分されるワクチンが極めて少ない見込みのため、次の順番で開始する見込みです。対象者には接種券を順次郵送します。
 具体的な日程などは、広報紙などで随時お知らせします。

  1. 医療従事者など
  2. 高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた人)
    高齢者施設従事者
  3. 高齢者以外で基礎疾患※がある人
  4. 上記以外の人
  • 接種開始当初のワクチン供給量が極めて限定的な数量になる見込みのため、市では2.の区分をさらに細分化し優先順位を設ける予定です。
※基礎疾患の範囲(今後見直されることがあります)

1)以下の病気や状態で通院・入院している人

  1. 慢性の呼吸器の病気
  2. 慢性の心臓病(高血圧含む)
  3. 慢性の腎臓病
  4. 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  6. 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除く)
  7. 免疫の機能が低下する病気
  8. ステロイドなど免疫の機能を低下させる治療を受けている
  9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  10. 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  11. 染色体異常
  12.  重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害が重複した状態)
  13. 睡眠時無呼吸症候群


2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

 どこで受けられるの?

市が指定した医療機関です

 接種できる医療機関は現在調整中です。また、地域の実情に応じて特設会場を設ける予定です。具体的な内容は、広報うき「ウキカラ」5月1日号でお知らせします。なお、次のような事情のある場合は、住所地以外でワクチンを受けることができる見込みですが、ケースに応じて別途手続きが必要になる場合があります。具体的な手続き方法などは、今後お知らせします。

手続きが不要なケースの例

  • 入院・入所中の住所地以外の医療機関や施設でワクチンを接種する場合
  • 基礎疾患治療のため住所地以外の医療機関(かかりつけ医など)でワクチンを接種する場合


手続きが必要なケースの例

  • 単身赴任などの理由で住所地で接種することが困難な場合 

接種回数と費用は?

必要な回数を無料で受けられます

 外国人登録をしている人を含め、接種対象となる全ての人が無料で受けることができます。ファイザー社製ワクチンは2回の接種が必要で、1回目の接種から3週間後に、速やかに2回目の接種を受けることが推奨されています。 

接種の流れは?

市から郵送された接種券を受け取り、予約してから接種してください
  1. 接種券を受け取る
  2. 予約する(市が設けるコールセンターまたは予約受付システム)
  3. 接種する(接種券・本人確認書類持参)
  4. 接種実績を登録する 

ワクチン接種は強制ですか?

いいえ、同意がある場合に限り接種が行われます
 多くの人に接種することが推奨されていますが、強制ではありません。しっかり情報提供を行った上で、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
 職場や周りの人などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようにお願いします。

 ワクチンはどのくらい効果があるの?

2回接種で95%の有効性があります

 今回承認されたワクチンを2回接種すれば95%の有効性で、発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を防ぐ効果が認められています。ウイルスに対する免疫を獲得することで重症者や死亡者を減らし、医療機関の負担を減らすことが期待されてます。 

副反応が心配です…

万が一の場合には、すぐ医療従事者が対応します

 一般的にワクチン接種後には、ワクチンが免疫を付けるための反応を起こすため、接種部位の痛み、発熱、頭痛などの副反応が生じる可能性があります。治療を要したり障害が残るほどの副反応は極めてまれではあるもののゼロではありません。そのためワクチン接種後15分から30分は、経過を見ることになっており、万が一アナフィラキシーなどの症状が見られた場合は、医療従事者が必要な対応を行います。
 また、そのような場合に備えて、必要な薬剤や物品が接種会場には配備されることになっています。 

健康被害が起きた場合は、どうしたらいいですか?

救済措置があります 
 接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合には、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金などの給付)が受けられます。

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇城市新型コロナウイルス感染症対策本部
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • 日本語
  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

広報うき「ウキカラ」最新号

令和4年広報うき「ウキカラ」1月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画~「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • UkiTripバナー
  • #うきの昔ばなし
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.