「熊本地震による一部損壊世帯へ県の義援金を配分します」詳細ページ

前のページに戻ります

2019年6月20日

配分基準と基準額

 罹災証明の一部損壊の判定を受け、被災住宅の修理費用に100万円以上支出した世帯に10万円を配分します。

 ※宇城市住宅リフォーム助成事業の助成を受けた世帯は、申請できません。

対象範囲

 日常生活に欠くことができない部分の修理とし、内装や外溝のみの工事、家電製品の修理等は除きます。

表:対象工事

対象となる工事箇所・部分

  • 屋根、柱、床、外壁、基礎など
  • ドア、窓等の開口部(ガラス・鍵の交換も含む)
  • 上下水道、電気、ガス等の配管・配線、吸排気設備(換気扇など)
  • 衛生設備(便器、浴槽など)・給湯設備(電気温水器など) 

対象外とする工事箇所・部分 

  • 内装(間仕切り壁、壁紙、天井の仕上げ、ふすま、障子等、畳)
  • 外溝(門、車庫、カーポート、塀、柵など)
  • 家電製品

※対象箇所・部分であっても、壊れていない場合の取り換えやリフォーム、グレードアップは対象とならない。

賃貸住宅(アパート等)の場合の取扱い

 賃貸であっても、所有者が修理を行えず、賃借人が修理を行い、その費用を負担した場合は、配分の対象とします。

提出書類

1.申請書

添付の申請書に必要事項を記入の上、ご提出ください。

2.添付書類
  1. 罹災証明書
  2. 領収書
  3. 修理工事の内容が分かる書類等(工事費内訳書、工事明細書、見積書等)
  4. 本人確認できるもの(免許証、保険証等)
  5. 通帳の写し
  6. 対象外の工事が区分できない場合は、工事前後の写真

※領収書などは税務署へ提出する場合があります。

受付期間

 令和2年(2020年)3月31日まで

 午前8時30分〜午後5時15分(正午〜午後1時を除く)

受付場所

 市役所本庁1階社会福祉課窓口 

 平成28年宇城市熊本地震災害義援金(一部損壊)申請書(PDF 約170KB)


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇城市 健康福祉部 社会福祉課 地域福祉係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

広報うき「ウキカラ」最新号

令和元年広報うき「ウキカラ」12月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.