「宇賀岳古墳」詳細ページ

前のページに戻ります

2010年2月5日

宇賀岳古墳外観の写真宇賀岳古墳入口の写真


 松橋町の中心部の北方標高約60メートルの宇賀岳山頂の西端に所在する阿蘇溶結凝灰岩の切石を組み合わせた横穴式石室の装飾古墳が宇賀岳古墳です。

 石室は、南を玄関に、3枚の巨石を組み合わせたもので、奥壁にあたる北壁の上部に2個の刀掛突起がついています。現在は欠落してその痕跡を残しています。

 また、奥壁に線刻による装飾が施され、全面に赤く丹彩の跡があります。
 奥壁には高さの中央付近に約10センチメートル間隔で平行する横に二直線が線刻されこの線に内接するように円文が等間隔に数個並列に線刻されさらに各円からは続三角文が3段に見られます。

 東西の側壁にも奥壁と同様の装飾があったと思われますが、長い年月の風化により傷みが激しく、奥壁のように明らかではありません。

 石室の構造は、石棺系石室とでも呼ぶべき形態で、大小2枚の蓋石が二重になっています。小さいほうの蓋石は、置く壁に接して側壁の上部に置かれ、大きいほうのそれは、巨石から2、3段持ち送った石の上にのる天井石です。

 古墳の形および大きさについては、周囲が慰霊塔建設の際地下げされたためはっきりしないので、動かされていない石室の位置から想定して復元されています。
 そのため、墳形は円墳とし、墳高も推定高より1.5メートル程度(地下げ分)大きくなっています。

 なお、この保存施設並びに復元工事は、熊本県の補助をうけ、昭和55年・56年度の2ヵ年継続事業として行ったものです。

 桜の季節になると、花見客で賑わうようです。

春の時期の宇賀岳古墳の写真


詳細

所在地

宇城市松橋町松山
(岡岳総合グラウンド)



追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 教育部 文化課 文化財世界遺産係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ


カテゴリ内 他の記事





文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

広報うき「ウキカラ」最新号

令和元年広報うき「ウキカラ」10月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.