「永尾神社」詳細ページ

前のページに戻ります

2010年2月5日

永尾神社の写真


 創建は和銅6年(713)で、祭神は「海童神(わだつみのかみ)」と伝えられています。伝承によれば海童神を乗せた巨大なエイが海から山を乗り越えようとしたが、果たさず、ここに鎮座したそのエイの尾といい、そのエイの尾にある剣から、別名を「剣神社」とも言われています。
 胃腸病にご利益があるというので近郷からの参拝者も多く、エイの絵馬と海の鳥居のあることで知られています。また、八朔(旧暦8月1日)には八朔祭と不知火観望が重なるため、境内は県内外からの多数の見物客で夜通し賑わいます。

所在地

宇城市不知火町永尾


永尾神社の地図画像


国道266号を松橋方面から三角方面に行く途中、右手に永尾神社前バス停がありますので、反対側の左手に永尾神社の裏参道があります。(町道 至鎌田山と国道が交わるところ)

国道から、八代海(不知火海)方面にまわると表参道に行くことができます。

 


 


お問い合わせ

宇城市 教育部 文化課 文化財世界遺産係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき「ウキカラ」最新号

平成31年広報うき「ウキカラ」1月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.