「東松崎底井樋太鼓踊り保存会」詳細ページ

前のページに戻ります

2010年2月5日

東松崎底井樋太鼓踊り保存会の踊りの様子の写真


松崎は天保12年(1841年)の冬、新田開発により50軒の農家が入植したと言われています。干ばつに泣かされた村民を救うため、弱冠21歳の松田喜七(まつだきしち)庄屋が、猫の迫溜池(ねこのさこためいけ)の水を持ってくるために、寝食を忘れ、財産を投げ打って奔走し、大野川の底にサイホン式の水道管を設置することを決断しました。

最初は、水道管を木材で作ったため、潮水が入り込み、失敗の連続でしたが、その後、轟泉水奉行(とどろきせんすいぶぎょう)の花村信介(はなむらしんすけ)から、門外不出の漆喰法をやっとの思いで伝授され、石材に漆喰を塗り、不知火海から押し寄せる潮流と闘いながらの難工事を克服し、嘉永5年(1852年)7月27日に見事完成しました。

喜七翁の偉業は、現在もなお無言のままひっそりと流れており、黄金色に稔る百丁歩(ひゃくちょうぶ)の稲穂は、まさに喜七翁の魂そのものではないでしょうか。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 教育部 文化振興課 文化財世界遺産係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • 日本語
  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

広報うき「ウキカラ」最新号

令和3年広報うき「ウキカラ」12月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画~「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • UkiTripバナー
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.