「竹崎城跡」詳細ページ

前のページに戻ります

2010年2月5日

竹崎城跡の写真 高城と呼ばれる標高74.8メートルの小山塊が、元寇の勇士竹崎左兵衛尉季長の居城跡と伝えられる竹崎城跡です。

 城跡の西側には標高59.7メートルの江上寺山(現清香園)が立ちふさがり、城の出丸的役割を果たしていたと思われます。城跡とそれとの間には、南北両側より2つの迫が入りこみ、その出会った面と南側斜面には20度近い帯曲輪があり、よく中世城郭の特徴を表しています。
 
 しかし、県下の中世城の時代的変化にあてはめた場合、山城としては古い形態を備えた城ですが、その施行状況や形態から竹崎城の始原は南北朝から室町前期ころに求められます。すなわち、竹崎城を季長と結びつけることは可能性が低いのです。最も数代後の季長の子孫によって古代の交通の要所であった竹崎に築城された可能性は大きいし、豊福城との関連も問われています。
 
 竹崎城を季長の居城とする伝承は、竹崎季長の出生地としての竹崎に古来から存在した中世城を関連づけた後生人(おそらく江戸時代中期)の付会の説と思われます。竹崎季長の出自については、従来阿蘇家臣と書かれているほか分かっていませんが、「蒙古襲来絵詞」の分析によって玉名郡旧竹崎村出身の菊池一族の竹崎氏であろうとする説が有力です。またその子孫には、名和氏家臣で豊福城主だった竹崎玄蕃允安清があります。


詳細

所在地 : 宇城市松橋町竹崎



お問い合わせ

宇城市 教育部 文化課 文化財世界遺産係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ


カテゴリ内 他の記事





文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき「ウキカラ」最新号

平成31年広報うき「ウキカラ」1月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.