「第33回 110日間 母娘旅のお話 2021年(令和3年)6月号」詳細ページ

前のページに戻ります

2021年5月26日

第33回 110日間 母娘旅のお話 2021年(令和3年)6月号

 「母は中東・ヨーロッパに暮らす難民の方への取材ミッションを掲げ、娘と世界を見に出かけました」。この魅力的なキャッチに引かれ、森都心へお話を聞きに行きました。講師は写真家の高木あゆみさん。始まる前に、写真展をのぞきました。入口には「みーちゃん5さいなんみんにあいにせかいへ行く」とあります。
 
 パネル写真の一つ「へんがおたいけつ」は、角刈りのむきむきマンとみーちゃんこと高木さんの娘のにらめっこ。解説に「ぼくは15歳のときにアフガニスタンからスウェーデンにやってきた。とちゅう20日間も山を歩いたり、何も食べられない日もあって、ようやくここにたどり着いた。"難民"になっていなければ、兵士になってIS※と戦わなければならなかった」とあります。
 
 隣は頬を覆う黒ひげと真ん丸目の愛嬌(あいきょう)ある顔写真。「大学生のときイラク戦争が勃発。彼はアメリカ人相手に戦いました。現在はブリュッセルのスーパーに勤め、昔、敵だったアメリカ人のギルと出会い、ここでは友だちになれました」とあります。
 
 講演は大きなスクリーンで写真を投影しながらでした。「初め、娘は怖がって泣いていた。でも、みんな親切で、色んな人種の子ども、大人と遊んだ。娘は自信と度胸がついて世界が近くなった。色んな国名、そして"ありがとう"を覚えた」。世界は広い、いろんな人がいる。人と違っていいんだよと教えたかったとみーちゃんの変化をうれしそうに話されました。
 
 18歳からフェアトレードという格差社会の問題に取り組んでこられた高木さん。娘の世代には平和な世界を手渡したいと、漠然と"怖い"という感覚を持つ人もいるイスラム教徒や難民について、自分で確かめることが
旅の目的だったそうです。
 
「違いを知り、相手をリスペクトする。国が違えば絶対がなくなる・・・」。確信を持って淡々と語られた2時間。印象に残る言葉は、子どもに向き合う大人の"差別を伝えない覚悟と実行"でした。 

バックナンバー

「みんなで学ぼう じんけん」のバックナンバーは、下記リンクから読むことができます。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 教育部 生涯学習課 人権教育係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • 日本語
  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

広報うき「ウキカラ」最新号

令和3年広報うき「ウキカラ」11月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画~「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • UkiTripバナー
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.