「第21回 教室に入りたい気分(前編) 2020年(令和2年)6月号」詳細ページ

前のページに戻ります

2021年5月26日

第21回 教室に入りたい気分(前編) 2020年(令和2年)6月号

 わたしが出会った一人の少女のお話です。
 小学2年生の後半から、こゆきさん(仮名)は教室に入れなくなりました。彼女の担任に決まった春休み、私は担当医に会いに行きました。医師は設問に答えた彼女から繰り返し出てくる給食へのマイナスイメージに触れました。「時間内に食べきれずにみんながごちそうさまをした後、残されて食べることは彼女には辛かったのかもしれない。先生はどういうやり方をしますか」と尋ねられました。私が「時間がきたら、給食が残っていてもそこで終わりです」と答えると、「それはいいですね」と笑みを返されました。

 4月、始業式後の担任発表を聞いて、こゆきさんは日記に「わたしはやったぁと思いました。はじめての男の先生だから、ちょっときんちょうしています」と書いてくれました。久しぶりの登校から3日間、午前中を保健室で過ごしました。彼女なりに新たな学年で自分を奮い立たせていたのでしょう。その後欠席が続き、私は授業のプリントを持って家庭訪問を続けました。玄関を開けるとその日使う予定だったリコーダーが赤いランドセルからのぞいています。今朝も行く準備をしていたのです。学習を済ませ、私が帰るときはお母さんと玄関を出て見送ってくれるこゆきさんでしたが、続けての訪問はストレスになるかもしれないと思い、1日空けるようにしました。


 5月に入り、彼女は週2日という目標を立て、保健室登校を再開しました。給食はかなり少なめに用意しましたが、まったく手を付けようとはしませんでした。そのうち一緒に食べたいという子どもたちが出てきたので、本人の了解を得て保健室で給食時間を過ごすようになりました。表情から緊張が取れ始めた頃、「もう給食を見てもお腹痛くなかろ」と話しかけると、こゆきさんは笑顔でうなずきました。保健室を出て図書室にも友だちと行くようになりました。けれど、教室棟には決して足を踏み入れようとはしませんでした。

 後編第22回 教室に入りたい気分(後編) 2020年(令和2年)7月号(サイト内リンク)へ続く

バックナンバー

「みんなで学ぼう じんけん」のバックナンバーは、下記リンクから読むことができます。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 教育部 生涯学習課 人権教育係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • 日本語
  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

広報うき「ウキカラ」最新号

令和3年広報うき「ウキカラ」8月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画~「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • UkiTripバナー
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.