「第31回 いっしょに遊んだことをおぼえていたい ー前編ー 2021年(令和3年)4月号」詳細ページ

前のページに戻ります

2021年5月26日

第31回 いっしょに遊んだことをおぼえていたい ー前編ー 2021年(令和3年)4月号


 ふれ愛学習会のバスの中、「本田せんせー、こっち来てぇっ!」と小1のAちゃんの手招き。顔の半分もあるマスクの上の瞳がいたずらっぽく笑ってます。「あのね、Bくんがね、わたしにけっこんしてって」。二つ先のシートでその声を聞いたBくん。ギョッと振り返り指を口に当て、「しいーっ、しいーっ」。(そんなプライベートな会話をと思いつつ)「それで何て返事したの?」と尋ねると、「あのね、Bくんは6番目なの」。思わず大笑いしてしまいました。ごめんBくん。子どもたちといると、楽しいお話がいっぱい。
 
――でも、こんな失敗もありました。 昼休みの教室。3年生が腹ばいになって絵を描いています。にぎやかな会話がふと途切れ、あきなさんが視線を上げて首をかしげます。私は彼女が一人になったとき、話し掛けました。


『わたしはお父さんと、はなればなれでくらしているけど、みんなはいっしょにくらしているからいいなと思いました。まみちゃんが、「お父さんのかお、見たことある?」と言ったので、わたしは、「あるよ」と言いました。そしたら、ゆりちゃんが、「わたしは、いつもお父さんのかお見てるよ」と言ったので、わたしは何て言っていいのか、わらなくなりました。お父さんの名前は知っていたけどわすれてしまいました。本当は家ぞくみんなの名前をおぼえたいです。』翌日の日記でした。


 本当はお父さんのことをいっぱい話したい、そんな思いが伝わってきます。


 言葉を詰まらせてしまうあきなさんに元気を出させたい。そう思い、力を借りるため、私は日記を持って家庭訪問をしました。お母さんとおばあちゃんと話している間、あきなさんはじっと聞いていました。
 翌朝学校に行くと、あきなさんは、「何でお母さんに見せたつね!」と私を責めました。強い立場にある者が、その人の利益のためだとして、本人の意思は問わずに介入・干渉してしまう。それはやってはいけないことでした。

(次号後編第32回 いっしょに遊んだことをおぼえていたい ー後編ー 2021年(令和3年)5月号(サイト内リンク)へ続く)

 

バックナンバー

「みんなで学ぼう じんけん」のバックナンバーは、下記リンクから読むことができます。


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 教育部 生涯学習課 人権教育係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • 日本語
  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

広報うき「ウキカラ」最新号

令和3年広報うき「ウキカラ」11月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画~「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • UkiTripバナー
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.