「第2次宇城市総合計画を作成しました。」詳細ページ

前のページに戻ります

2017年4月24日

第2次宇城市総合計画(基本構想・前期基本計画)

イメージ写真



いざ、復興へ。〜市民生活を最優先する都市(まち)を目指して

今後の道しるべとなる総合計画

 「総合計画」とは、まちづくりの計画書のことです。今後、宇城市がどのような「まち」を目指すのか。どんなことに取り組んでいくのかをとりまとめた市の最上位の計画書です。これから最優先で取り組む復興や教育、福祉、環境、都市計画といったすべての計画の基本となるものです。

 計画の策定にあたっては、幅広い意見を聞くため市民の代表として各団体から審議委員として参加して頂き、5回の審議を経て作成しました。計画の期間は、2017(平成29)年度から、2024(平成36)年度まで前期4年、後期4年の計8年間で、今回8年間の基本構想と前期の4年間の計画です。


『ちょうどいい!住みやすさを実感できる都市(まち)・宇城』

 今後の宇城市が目指す理想に向けてのキーワードが、「ちょうどいい!住みやすさを実感できる都市(まち)・宇城」です。人口減少が進む中、現在約60,000人の人口が抜本的な解決を講じないと2060年には約32,000人になると予想されます。人口が減少すると税収の減少、地域経済の悪化、集落機能の低下などの様々な悪影響を及ぼします。そういう状況を避けるため人口の流出を防ぎ、宇城市が選ばれる都市になるため、市が目指す方向性を市民の方が直感的に感じてもらえるようこのキーワードを制作しました。


熊本地震からの復旧・復興

 熊本地震からの早期復旧・復興に向けた取り組みを最優先に行うことがこれからのまちづくりの最重要課題と捉えています。そのために地域の課題や市民のニーズへの柔軟な対応を図れる体制を進めていきます。一日も早い生活の再建を目指し、生活の基盤となる産業の振興や医療、福祉の分野において近隣自治体等と連携して進めていきます。


6つの基本目標

 「復興する」、「育てる」、「住み続ける」、「持続する」、「選ばれる」、「活躍する」、この6つのテーマのまちづくりに、それぞれテーマ毎の施策目標を掲げ、重点プロジェクトを中心に8年後の未来像に向け市民と行政が協働して取り組んでいきます。


総合計画審議会(リンク)

【3/1更新】宇城市総合計画審議会 

ダウンロード

全文版
分割版
追加施策

「復興する」まちづくり


追加情報

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 企画振興係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき「ウキカラ」最新号

平成30年広報うき「ウキカラ」8月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • 宇城市写真コンテスト
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.