「野田英夫」詳細ページ

前のページに戻ります

2010年2月10日

1908(明治41)年、野田英夫は日系移民の子として、アメリカ合衆国カルフォルニア州に生まれる。3才から18才まで日本の教育を受けるため、熊本市の叔父の家に預けられる。

熊本中学校(現・熊本高等学校)卒業後渡米し、美術を学ぶ。24才のとき展覧会で受賞し画家としての活躍を始める。その後フレスコ画を学び独特の画風を確立する。1934年以降2度帰国し、日本の新制作派協会展に出品。ヨーロッパ志向型であった当時の日本画壇にアメリカ的異質の新風を吹き込む。

1939(昭和14)年、30才の若さで病のため他界。八代海を望む宇城市不知火町二本松の墓に眠る。


お問い合わせ

宇城市 教育部 文化課 文化振興係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき「ウキカラ」最新号

平成30年広報うき「ウキカラ」11月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.