「特定不妊治療費助成事業のお知らせ」詳細ページ

前のページに戻ります

2019年4月1日


 市では、安心して子どもを妊娠・出産できる環境づくりの一環として、治療を受ける人の経済的負担の軽減を図るために、特定不妊治療費用の一部を助成します。平成30年4月1日以降に治療を行った特定不妊治療(体外受精又は顕微受精)に対し、次の通り助成事業を行います。

対象者

 次の全てに該当する人

  1. 夫婦のどちらかが、宇城市に住民票がある
  2. 「熊本県特定不妊治療費助成事業」の助成の承認を受けた
  3. 宇城市外の市町村で特定不妊治療の助成を受けていない
助成額

 夫婦1組につき1年度あたり上限8万円

 ※ただし、特定不妊治療にかかった費用から「熊本県特定不妊治療費助成事業」で受けた助成金を差し引いた額が8万円に満たない場合はその額の助成となります。

申請に必要なもの
  1. 熊本県特定不妊治療費助成事業承認通知書の写し
  2. 特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  3. 領収書(指定医療機関発行のもの)の写し
  4. 印鑑(認印可)
  5. 申請する人の通帳のコピー

 ※(2)(3)は、県に提出される前にコピーをしておいてください。

申請上の注意

「熊本県特定不妊治療費助成事業」により助成の承認を受けた日から、6カ月以内に市保健福祉センターへ申請してください。

 

詳しくはお問い合わせください。

 

 

 

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerダウンロード


お問い合わせ

宇城市 健康福祉部 健康づくり推進課 総務企画係
電話番号:0964-32-7100この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

広報うき「ウキカラ」最新号

令和元年広報うき「ウキカラ」11月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.