「認知症キッズサポーターの活躍を期待して〜青海小で認知症サポーター養成講座を開催」詳細ページ

前のページに戻ります

2021年11月12日

 11月5日、青海小(河野満理校長)で5年生19人が認知症サポーター養成講座を受講しました。

 これは、認知症を正しく理解し、地域で暮らす認知症の人やその家族を応援する認知症サポーターをあらゆる世代で養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを目指すことを目的に市と市地域包括支援センターが行っているもの。

 児童たちは、「認知症は誰もがなり得る病気」「認知症になったら何も分からなくなるわけではない」ことなどを学びました。

養成講座を受講している写真


 講座では、困っている高齢者がいたときの対応として、児童からは「優しく声を掛ける」「一緒に物を探して安心させる」「とびっきりの笑顔で接する」などの活発な意見が出ました。

手を挙げて意見を出している写真

グループで話し合いをする写真


 


 講座修了時は、小規模多機能ハウス青海苑やグループホーム青海苑、認知症対応型通所介護オリーブハウス、小規模多機能ハウスきらら、グループホームドリームまつばせの利用者が制作した「認知症サポーターキャラバン」のマスコット「ロバ隊長」が、修了証として児童たちにプレゼントされました。

ロバ隊長の修了証を持つ児童たちの集合写真


 現在本市では、65歳以上高齢者の5人から6人に1人が認知症の疑いがあると推測されています。

 地域の高齢者の応援隊として、今後のキッズサポーターの活躍が期待されます。

認知症サポーターキャラバン ロバ隊長のロゴ画像


 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 健康福祉部 高齢介護課 高齢者支援係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • 日本語
  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

  • 日本語
  • English
  • 中文
  • 한국어

広報うき「ウキカラ」最新号

令和4年広報うき「ウキカラ」1月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画~「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • UkiTripバナー
  • #うきの昔ばなし
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.