「松山春秋展〜描けば本当にものが見えてくる〜」詳細ページ

前のページに戻ります

2012年4月24日

展示会場の様子の写真6月10日(日)まで、不知火美術館で「松山春秋展〜描けば本当にものが見えてくる〜」を開催(通常観覧料)。

松山さん(1909〜1993)は、細川藩の絵師3代目松山雪童の孫として熊本市に生まれ、19歳で上京。日本画を学び院展などに出品し、入選・入賞を果たし少しずつ画家としての評価を得てきます。

戦後は熊本に根をおろし、「描けば本当にものが見えてくる」と阿蘇の根子岳や自宅のそばの万日山、身の回りの落ち葉、古い板目などを「生活歳時記」のように描きました。一方、画塾「南枝塾」を主宰し、多くの日本画家を育てています。


展示された絵画を眺める来場者の写真本展では日本画のほか、水彩・素画・後年描いた油絵も展示し、氏の画業の一端を紹介しています。熊本でこれだけまとめて作品を並べるのは初めてなので、多くの人に素朴で温かく、しかも密度のある作品の魅力を楽しむことができます。作品数は約50点。


休館日

5月1日(火)、7日(月)、14日(月)、21日(月)、28日(月)、6月4日(月)

観覧料
  • 大人300円
  • 大高生200円
  • 中学生以下無料

追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

広報うき「ウキカラ」最新号

令和2年広報うき「ウキカラ」5月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.