「災害に強いまちづくりを目指して〜豊野防災拠点センターオープン」詳細ページ

前のページに戻ります

2020年7月22日

 落成式でテープカットをする写真


 


 7月19日、豊野町に完成した豊野防災拠点センターの落成式が行われました。

 

 防災拠点センターは災害に強いまちづくりを目指し、三角、不知火、松橋西、松橋東、小川、豊野と市内6カ所に建設。今年度中に全て完成する予定です。
 施設は、災害時には避難所としての役目のほか、物資の備蓄・集配基地や消防団・地域防災組織の参集基地に、平常時には防災を学びながらコミュニティーを形成する場にと、安心の拠点として幅広い場面で使用されます。建設費の約85%は国からの補助金などで賄われ、市の負担は少なくなっています。

 

 午後に行われた市民向け内覧会では、30人ほどが来場し、思い思いに施設を見学する市民の姿が見られました。子ども4人と共に訪れた伊藤公紀(きみのり)さん(41・豊野町)は「自分の身を守ることに役立つ施設。コミュニティ室も広く、子どもたちの合宿などにもいいかもしれないですね。」と感想を話していました。 

 施設利用は20日からスタート。27日には三角が、8月には不知火が一般利用を開始します。地域のさまざまな活動の拠点となる新たな施設。いざという時のためにも、身近な施設として利用してみませんか。

豊野防災拠点センター
  • 所在地 宇城市豊野町糸石3140-3(旧豊野小敷地内)

↓(下記写真について)落成式での守田憲史市長のあいさつ

落成式での守田憲史市長のあいさつの写真


 


↓(下記写真について)広々としたコミュニティ室

広々としたコミュニティ室の写真


 


↓(下記写真について)通常はベンチとして使用し、非常時には座面を移動させてかまどになるかまどベンチ

かまどベンチの写真ベンチの座面を移動させて、かまどにしている写真ベンチからかまどになった写真


 


 


 

↓(下記写真について)内覧会の様子

内覧会の写真


 


↓(下記写真について)非常時は隣の防災用井戸から水をくんで、マンホールトイレに流します

マンホールトイレの写真


 


災害用トイレになるマンホールの写真
通常はただのマンホール

「災害用トイレ」と記載されています



 


 

 





 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

広報うき「ウキカラ」最新号

令和2年広報うき「ウキカラ」8月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.