「音楽のチカラで地域に復興を〜ウイングまつばせでミュージカル「砂浜のエレジー」開演」詳細ページ

前のページに戻ります

2020年2月3日

主人公たち


 2月2日、ウイングまつばせでミュージカル「砂浜のエレジー〜肥後の石工恋唄〜」が上演され、満員の観客を魅了しました。

 このミュージカルは、熊本の石文化の歴史、人間愛やひとつのことにかける情熱などをテーマに熊本地震からの復興を祈念して熊本オペラ芸術協会が昨年9月に初演した作品を再演したもの。また、同協会の母体である平成音楽大学も地震から再建し、昨年ニューキャンパスがオープンしたことから、特別演奏会として改修を終えたウイングまつばせを会場に開催されました。宇城合唱連盟と熊本オペラ芸術協会の主催。

 プログラムでは、同大学在学中の宇城市出身の演奏家による独奏、最後には宇城合唱連盟と合同演奏として総勢200人による合唱が行われました。

 作曲と指揮を務めた同大学の出田敬三学長は「音楽の指導者や愛好家の多い宇城市で、地震からの復興をテーマに音楽のチカラを感じることができ、大変意義深いものになったと思う。地元出身の学生も出演し、宇城市の観客の皆さんの反応がとてもよかった」と話し、劇内で民謡を披露した松橋町出身の中村璃来(りこ)さんは「いつも身近にいる地域の皆さんが来てくれた中で演奏ができて楽しかった」と感想を述べていました。

 

↓オープニングアクト松橋町の野口紘佳さん(平成音楽大学3年)のパーカッション演奏

オープニング野口さん


↓劇中の一場面 "居酒屋のシーン"

劇中の場面1


↓劇中で舞を披露する平成音楽大学よさこいサークル「響華」

よさこい


↓続いて松橋町の中村璃来さん(平成音楽大学3年)による民謡披露

民謡中村さん


↓クライマックスはみんなで歌って踊って

劇中クライマックス


↓最後は宇城合唱連盟と一緒に会場全体で出田敬三作曲「おもいで宝箱」を大合唱

全体大合唱





 


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

広報うき「ウキカラ」最新号

令和2年広報うき「ウキカラ」2月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.