「すべての子どもが地域でしあわせに育つ〜里親講座開催〜」詳細ページ

前のページに戻ります

2019年10月25日

地域への感謝の思いを伝える今西さん


  10月25日、市役所で里親講座が開かれ、市民30人ほどが参加しました。これは、地域で子どもたちを育てていくため、里親制度への理解を深めようと市が主催したもの。

 統計上、児童虐待の相談件数は年々増えており、ここ10年で4倍ほどになっています。しかし、親と一緒に生活できない子どもを一定期間保護する受け皿が小さく、特に熊本県内の里親家庭で生活する子どもは、保護を要する子どもの1割程度しかいないといいます。この講座では、そんな里親制度や受け入れる家庭の現状について昼夜2回に渡り説明が行われました。

 夜の部で里親家庭の実子として経験談を語った今西智滉(ちひろ)さん(18)は「里子の妹たちと打ち解けるまでに苦労することもあったが、地域の方が声をかけてくれて救われた。妹は地域のおかげであいさつが上手になった。皆さんは畑や行事にも連れて行ってくれる。子どもたちの将来を考えると、一緒に寝たり、台所に立ったりして家庭を体験することは大事。まずは多くの人に制度のことを知ってほしい」と話していました。

 この講座に参加した、同じ地域で暮らす中村亜紀さんは「智滉くんや妹たちは今や地域になくてはならない存在になっている。子どもたちの成長がうれしいし、その気持ちは里子でも実子でも変わらない」と思いがあふれていました。

 


追加情報

アクセシビリティチェック済 このページは宇城市独自の基準に基づいたアクセシビリティチェックを実施しています。
>> 「アクセシビリティチェック済みマーク」について


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

翻訳ツール

  • English
  • Le français
  • 中文
  • 한국어
  • Español
  • Tiếng việt
  • Tagalog
  • Bahasa indonesia

広報うき「ウキカラ」最新号

令和2年広報うき「ウキカラ」3月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • #行ってみよう #やってみよう
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.