「芸術の秋を体感〜宇城市民文化祭」詳細ページ

前のページに戻ります

2018年11月1日

 宇城市民文化祭が10月27日・28日の2日間、小川総合文化センターラポートで開かれ、多くの来場者でにぎわいました。


↓ロビーでの作品展示
ロビーでの作品展示


 これは文化や伝統に触れることで、市民文化の向上と発展を目指すことを目的とするもので、宇城市文化協会(上村博孝会長)の主催。上村会長は「熊本地震から2年半が経つが、まだまだ復興の途中。今年は全国各地で自然災害も起こり、いまこそ文化を伝承し、大切に守っていかなければならない時代。文化祭のステージ発表や作品展示を鑑賞して、心豊かな気持ちになって楽しんでください」とあいさつ。来賓の守田憲史市長は「この文化祭で皆さんの文化活動が発揮され、市民がみんな元気になってくれればうれしい」と述べました。

 ステージでは、市民がコーラスやカラオケ、ダンス、日本舞踊など、日頃の練習の成果を披露。来場者からは大きな拍手が送られていました。展示コーナーでは、書道や絵画、パッチワーク、盆栽などさまざまな作品が並び、訪れた人はそれぞれの感性が表現された作品を真剣なまなざしで見入っていました。

 11月3(土・祝)・4日(日)にも市民文化祭がラポートで開催されるほか、不知火美術館や街なか図書館で作品展も行われます。


↓オープニングは、白百合保育園の園児によるマスゲーム
オープニングは、白百合保育園の園児によるマスゲーム


↓童謡を歌う会の伸び伸びとした歌声
童謡を歌う会の伸び伸びとした歌声


↓バイオリンの演奏
バイオリンの演奏


↓豊野ハーモニカ同好会の演奏
豊野ハーモニカ同好会の演奏


↓熊本県警察音楽隊の演奏 隊員による「火の国旅情」の熱唱に、会場は大きな拍手に包まれていました
熊本県警察音楽隊の演奏 隊員の「火の国旅情」の熱唱に、会場は大きな拍手に包まれていました


↓腹話術による交通事故防止の講話 早め早めのライトの点灯と歩行者の反射材の正しい使用を訴えました
腹話術による交通事故防止の講話 早め早めのライトの点灯と歩行者の反射材の正しい使用を訴えました


↓小川凧の体験コーナー この文化祭に毎年通っている子もいました
小川凧の体験コーナー この文化祭に毎年通っている子もいました


↓子どもたちの生け花の展示もありました
子どもたちの生け花の展示もありました


 

宇城市民文化祭

ところ 小川総合文化センターラポート

ステージ 
11月3日(土・祝) 開演 午前9時30分
11月4日(日)   開演 午前10時

作品展示
盆栽・生花など 開場 午前9時

不知火美術館 開館時間 午前10時〜午後6時(土・日・祝は午後5時まで)         ☎0964-32-6222 

宇城市民文化祭 絵画展(観覧無料)

日本画、水彩画、デッサンの作品約120点を展示。

とき 11月4日(日)まで

宇城市民文化祭 第10回作品展(観覧無料)

書、絵手紙、俳句、水彩画、押し花、切絵、押し絵などバラエティーに富んだ作品168点を展示。

とき 11月6日(火)〜11日(日)

街なか図書館(濱まち・出町) 開館時間 午前10時〜午後6時              ☎090-4341-9074(事務局 高尾さん)

宇城市民文化祭 パッチワーク展(観覧無料)

松田富美子パッチワーク教室生の作品を展示。

とき 11月6日(火)まで ※水・木・金曜は休館


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき「ウキカラ」最新号

平成30年広報うき「ウキカラ」11月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.