「台船を使って橋桁工事〜戸馳大橋」詳細ページ

前のページに戻ります

2018年4月3日

国道からの様子 三角町の国道266号と戸馳島を結ぶ戸馳大橋(市道黒崎内潟線)の架け替え工事で3月29日、橋の中央部分の橋桁が橋脚に取り付けられました。
 橋桁の長さは約90メートルで重さは273トン。三角東港で組み立てられたものを台船に乗せ、潮の干満差を利用して設置されました。
 残り4つの橋桁はクレーン船を使って取り付けられ、4月中に全長295メートルがつながる予定。その後、路面工事が進められます。


戸馳島からの様子「 新しい橋は、現在の橋の約20メートル東側で建設中。現在の橋は1973年に完成したもので、老朽化が目立ち、通行可能な車両の重量制限もあるため、市が2014年から架け替え工事を進めています。完成は19年4月の予定で、新しい橋は幅9.5メートル(歩道2.5メートル)、総事業費約39億6千万円。


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき最新号

平成30年広報うき7月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • 宇城市写真コンテスト
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.