「龍驤館」詳細ページ

前のページに戻ります

2010年2月5日

龍驤館の写真です

登録有形文化財

 明治天皇即位50周年記念事業として計画、明治45年に天皇の崩御により計画を変更、天応頌徳記念館として宇土郡の公会堂、産物に陳列、教育勧業の振興として、大正7年に建設されました。

 小泉八雲の紀行文「夏の日の夢」ゆかりの旅館・浦島屋の跡地です。

館名「龍驤館」の由来

 明治5年、明治天皇の最初の西国巡幸に際し、熊本入りした御召艦「龍驤」ほか供奉艦の計8隻が熊本行幸を終えました。6月20日、風雨が強くなったので、これを避けるために三角湾に仮泊し、21日午前2時ころに鹿児島に向けて発航したことに由来します。

 このとき御召艦「龍驤」に乗艦していたのは、参議兼陸軍大将 西郷隆盛、陸軍少輔 西郷従道、海軍少輔 川村純義、宮内卿 徳大寺実則など70余名と近衛兵一小隊でした。

軍艦「龍驤」の説明

 1865年、肥後藩の注文により、イギリスのアバーディン造船所で建造。廃藩置県があり、熊本藩は明治政府に供出されました。1878年に「扶桑」が竣工するまでは、日本海軍の主力艦でした。


お問い合わせ

宇城市 企画部 まちづくり観光課 観光推進係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき最新号

平成29年広報うき4月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 戸馳島おこし協力隊活動記 今日この島で
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市写真コンテスト
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。