「先人の思いを引き継いで〜不知火干拓入植50周年記念植樹」詳細ページ

前のページに戻ります

2018年1月30日

神事の様子 不知火干拓入植50周年を記念した植樹式が1月30日、氷川町の若洲公園であり、住民ら約70人が参加し、高さ約5メートルのクスノキを植樹しました。不知火干拓入植50周年実行委員会(小川町不知火区・氷川町若洲区)主催。

 同干拓は、国が計画した戦後の食料増産の一環で約27億円を投じ、1951年から67年にかけて総面積528ヘクタールを整備したもの。県内各地から農家90戸が入植しました。現在はキャベツやブロッコリーなどの露地野菜や飼料用の米などが主に生産されています。


植樹の様子 式では小川町不知火区の和田秀博さん(61)が「記念樹はこれからの私たちを見守ってくれる。入植した先人の熱い思いを引き継ぎ、地域農業の発展に貢献していきたい」と話していました。


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき最新号

平成30年広報うき2月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市「くらしのガイド」電子書籍
  • 宇城市写真コンテスト
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.