「生活を支える橋の建設技術を学ぶ〜戸馳大橋架け替え工事見学」詳細ページ

前のページに戻ります

2017年9月6日

間近で橋脚を見学している様子 三角町の国道266号と戸馳島を結ぶ戸馳大橋(市道黒崎内潟線)の架け替え工事現場の見学会が9月5日に開かれ、地元の三角中3年生約50人が参加しました。


空気圧を体験している写真 これは、土木技術に興味を持ってもらおうと施工業者のオリ白・三洲建設工事共同企業体が初めて企画したもの。生徒たちは、国道266号側に新設中の橋を支える橋脚の見学や遠隔操作でのショベルによる掘削、圧気室を体験し、橋脚工事の工法や原理を学びました。


遠隔操作でショベルを動かす様子 新しい橋は、現在の橋の約20メートル東側で建設中。現在の橋は1973年に完成したもので、老朽化が目立ち、通行可能な車両の重量制限もあるため、市が2014年から架け替え工事を進めています。完成は19年の予定で、新しい橋は長さ295メートル、幅9.5メートル(歩道2.5メートル)、総事業費約39億6千万円。
 時折、橋を通行するという田倫夏さんは「同じ工法を映像で学んだが、実際に体験するとより理解が深まった。完成が楽しみ」と話していました。


 


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき最新号

平成29年広報うき9月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市写真コンテスト
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.