「地域の水質浄化〜小川町の農業者と地域住民共同でEMボカシを作成」詳細ページ

前のページに戻ります

2017年8月7日

子どもたちもEMぼかしづくりに挑戦 8月5日、小川町中小野区で小川町土地改良区や同地域資源保全隊、地域の小学生約30人が「EMボカシ」づくりを行いました。
 これは、農業用水の水質保全のために、平成19年から「EM団子」をため池や水路に放流する活動を行っているもので11年目。「EM」とは乳酸菌や酵母、光合成細菌など人にも地球にもやさしい微生物のことです。
 今回は、米ぬか90キログラムに「EM活性液」を混ぜる作業を行いました。この日作ったEMボカシは、9月上旬に土と混ぜ合わせて団子を作り、さらに10日間ほど発酵させた後に、ため池や水路に放流します。
 


米ぬかとEM活性液をかきまぜます 初めての参加者も多く、米ぬかを混ぜる作業に戸惑いながらも、和やかな雰囲気の中で作業を終えました。ぼかしづくりに参加した小学生は、「近所のおばちゃんたちとの団子作りが楽しみ。おいしいお米ができるように頑張りたい」と話していました。


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき最新号

平成29年広報うき12月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市写真コンテスト
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。



Copyright © 2009-2014 UKI CITY, All rights reserved.