「実践的な訓練で災害に備える〜市総合防災訓練」詳細ページ

前のページに戻ります

2017年4月17日

避難訓練の様子

 熊本地震の本震から1年を迎えた4月16日、市は震度6強規模の地震被害を想定した実践的な総合防災訓練や職員の参集訓練を実施しました。
 各行政区では、消防団員や宇城署、嘱託員、民生委員による要支援者の安否確認訓練や消防団員による土のう構築訓練が行われ、市役所では、午前9時に参集を知らせるメールを受け取った職員らが次々に登庁。1時間以内に全職員が集合すると緊急に設置された災害対策本部からの指示により、被害状況の把握や支援物資の運搬、道の駅うきでは防災トイレの設置などを行い、災害対応の手順を確認しながら訓練を行いました。


情報収集、指示に終われた災害対策本部 総合訓練メイン会場の松橋小では住民らが炊き出し訓練や消火訓練、負傷者搬送訓練、模擬で開設された避難所運営などを緊迫した様子で取り組んでいました。
 


負傷者搬送訓練を真剣に取り組みました 車いす操作を行った永松幸雄さん(70)=松橋町=は「避難所は混雑し、実際の避難時のような雰囲気だった。真剣に訓練に取り組んだが、自主的に考え、互いに助け合うことが必要だと感じた」と話していました。
 守田市長は「訓練で浮き彫りになった課題を精査し、災害に強い市として防災に取り組んでいかなければならない」と総括しました。


 


お問い合わせ

宇城市 企画部 企画課 広報係
電話番号:0964-32-1111この記事に関するお問い合わせ






文字の大きさを変更する

  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを元の大きさにする
  • 文字サイズを小さくする

広報うき最新号

平成29年広報うき4月号 広報うきの一覧を見る

おすすめコンテンツ

  • 宇城市PR動画〜「ちょうどいい!住みやすさを実感できるまち・宇城」
  • 戸馳島おこし協力隊活動記 今日この島で
  • 宇城市観光情報サイト「うきめぐり」
  • 宇城市「LINE(ライン)」の公式アカウントに関するご案内
  • 宇城市写真コンテスト
  • クックパッド宇城市公式MYキッチン
  • 宇城市オリジナル名刺ダウンロードコーナー
  • 宇城市立図書館サイト(蔵書検索・予約など)

宇城市携帯サイト

QRコード(宇城市携帯サイト)

QRコードを読み取ることで携帯版宇城市のURLが表示されます。